2014年11月17日月曜日

2014年11月17日 金時山1212m-黄金色のススキと出会いがいっぱいのハッピートレック【箱根】

おっとっと!
更新がかなり遅れています。
そんなこんなしてるうちに、ググッと寒くなりましたね。
低山にも雪がちらほら積もってみたり、冬山の楽しい時期のはじまりを感じますね。

今回は11月のなかばに秋を感じにお散歩ハイクにふらっとでかけた記録です。
いろいろと予定が狂ったりしてまたしてもゆるゆるな事になってしまいましたが、お散歩ハイクはこのゆるさが良いのです。
のんびりまったりが今のわたしにはフィットしてます。

-----------*

ふら〜っと出掛けた先は仙石原のススキ畑。
仙石原の一面に広がるススキは綺麗だよ〜と聞いてはいたものの訪れる機会が今までなかった。

平日の月曜日なら激混みにはなっていないだろうと、軽い気持ちで特にバス時間など調べもせず。
でもやっぱり箱根なだけあってそれなりに混んでいました。
...というか、ここに来るまでにすでに渋滞に巻き込まれ到着に遅れが出ています。
しかもバスは満員御礼で立ち乗り客でぎゅーぎゅーでした...!

仙石原高原でバスを降りたら、そこからすぐにススキ畑を散策する事ができます。

黄金色のススキがふわふわと風に揺れていて、否が応でも秋を感じずにはいられませんね。

この日は朝から曇りだったので陽がさしてくれませんでしたが、太陽の光にあたったらキラキラとススキが輝いてものすごく綺麗なんだろうなぁと思いました。
雪が積もりはじめた頃もきっと素敵だと思うのでまた時期を見て来てみようかな。

そして、まさかのアクシデント発生です。
仙石原散策が終わったら、神山〜大湧谷と歩く予定だったんだけど...
駒ヶ岳ロープウェイに乗るために、湖尻までバスに乗って行きたかったのですが満員で乗れず...。
(頑張れば乗れたんだろうけど休日までぎゅーぎゅー満員バスに押し込められたくなかったのです。)

どうしよっかなーと山地図を見ながらフラフラ。
おしゃれなカフェがあったけれどお休みで残念...とても残念。

仙石バス停まで20分ほどみたいなので歩いて戻ることに。
そこまで行けばさくっと登れる金時山もあるし、とりあえずそこまで行くことにしました。

仙石バス停に向かう途中、和菓子店の“花詞”さんに立ち寄って。

綺麗で可愛らしい和菓子たちを今日のおやつに購入♡
いろいろおまけしてもらっちゃいました〜!
店主さんがユーモア溢れる面白い方で、お話がとっても楽しかった〜

----------*

そして金時山の登山口に到着。

登ろうかな〜どうしよっかな〜って考えた結果、さっきおやつに和菓子も買ったし...山頂で食べて帰ろうと答えを出しました。
時刻は12:30なので金時山ピストンなら時間的にも大丈夫だしね。
途中まで行って戻ってもいいし。

笹に囲まれて、笹がふかっと積もった登山道をもそもそ歩きます。

あっという間に、明神ヶ岳と金時山の分岐に到着。
はじめてうぐいす茶屋が開いているのを見ました.....!

うぐいす茶屋から金時山の山頂へ続く道は、うぐいす色の日本昔ばなしトレイル。
この感じとても大好き〜!

りんどうが足元にたくさん咲いていたよ〜!

とってもお気に入りの明神ヶ岳へ続く笹トレイル!

紅葉の時期に来ると笹の間に生えている樹木だけが色付いて面白いんだね。
ここは夏に歩くと、照りつける太陽に干されて干涸びそうになって危ないですよ...。笑

後ろに大湧谷を背負いながら登ります。
さっきまでいた仙石原のススキ畑がよく見えるね。


標高の低いところではまだまだ紅葉が楽しむことができました。
色付いた葉っぱが光に透けて綺麗だなぁ〜

大湧谷をみれば黒たまごが食べたくなるし...
明神ヶ岳へのトレイルをみれば、欲張ってそっちにも行きたくなっちゃうし...
下山後の温泉も、おいしいごはんも楽しめるし...
素敵な欲望登山ができますね、このエリアは。

都心から近くて、短時間で登れて、この景色が見れるのはなかなかお得なのではないでしょうか。

そしてザレて開けた先を1人で歩く男性に追いつきました。
ちょうど下山してくる方ともすれ違って

下山者さん「まだ山頂にはたーくさん人がいますよ〜!」
男性「あら〜空いてるのを狙ってゆっくりスタートで上がってきたのに〜」
ちゅーた『平日でも金時山は大人気なんですねぇ〜』
男性&ちゅーた『「ね〜」』

I太郎さんというお名前で、金時山へはいつもお昼ごはんを食べにくるのだそう。
ここから、図々しくも一緒に山頂まで登らせていただきました。
2人でわいわい喋りながら登っていると、グループの下山者さんとすれ違う。
.....すると、わたしを見て

下山者さん「あーーーーーー!!」
ちゅーた『.....へっ(◎o◎;)!』

どうやらこんな拙いへっぽこブログを読んで下さってる読者さんだそうで...!
ありがたやありがたやー!
こんな風に出会う事もあるんですね。反応していただき、とっても嬉しかったです♪

そして、あっという間に山頂へ。
お天気がイマイチだったけれど、まだ富士山は見えてる〜!
しかし富士山の天気はとても悪そうだ...

I太郎さんといっぱいお喋りしながら登っていたから、汗だっくだく〜!
登山口から分岐までペースを巻いていたのもあって約40分で到着でした。
そりゃ汗もかくね。


さむさむ〜って金太郎茶屋に避難!
I太郎さんのお昼ごはんは、ここの蕎麦とおしるこが鉄板なのだそうだ。

金太郎茶屋のお母さんが、「今日はすごい人がきてるよ〜」と。
茶屋の1番奥を見てみると.......あらー!!!!驚
日本一(=世界一)富士山に登っている、實川さんがいらっしゃいました〜
實川さんの公式HP
この日も富士山に登っていたのだけれど、6合目で強風がすごくて撤退してきたのだと。
1700以上の登頂回数...想像もつかない数字にびっくり。

そしてI太郎さんと實川さんは同い年だったので盛り上がっていました。
なんてパワフルな...2人も71歳とは信じがたい!!!
パワー負けしているわたし...情けないっ!笑

わざわざ茶屋の外に出て一緒に写真を撮ってくださった實川さん。(黄色のウェアが實川さん)
休憩中なのに、どうもありがとうございましたー!!


風も出てきて急激に気温が下がってきたので、金太郎茶屋に戻る。
I太郎さんがごちそうしてくれた、金太郎茶屋のおしるこ。
(食べて飲んでから撮影したので少なくなっちゃった...笑)
今までの山のおしるこの中で、1番おいしかった〜!
とにかく熱々なのが嬉しい...♡
湯気がもうもうでぼやーっとした写真になってしまった!笑

實川さんや茶屋のスタッフの方々とも少しお話をして、下山開始です。
次に金時にくるときは人形町の人形焼きをお土産に持って茶屋に遊びに行くと約束をしたので、しっかりミッションコンプリートせねば!

下山もI太郎さんと一緒に。
このMILLETのロゴかわいいなぁ〜

下山するとポツポツと雨が降ってきました。
ギリギリセーフで今日のやまのぼりは終了です。

I太郎さん〜!
おしるこに、帰りに色々とありがとうございました。

-----------*
今回は観光客渋滞に巻き込まれて、登る予定じゃなかった金時山。
でも富士山が大きく近くに見えるとやっぱり嬉しくて。
もくもくしてる大湧谷も見れるので観光気分を味わう事もできるし。
笹トレイルの伸びる素敵な稜線を眺める事もできる。
ふらりと来たのが大正解だったなぁーって心から思えるほど充実したものになりました。

良い出会いと、驚きと、発見がたくさんあって。
色々お話をした中に自分の背中を押してくれるような言葉がたーくさんあって。
とってもホクホクした気分で、おうちに帰ったのでした。

そして山頂で食べるのを忘れてしまった素敵な和菓子たちは、おうちでまったり素敵な山旅の余韻に浸りながらわたしのお腹へと収納されて行きました。
ごちそうさまでした♡

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

5 件のコメント:

  1. こんにちわ。
    金時山の麓で出会ったオジサンです。覚えてますか? 朝風呂入って、ススキが終わった台ヶ岳や大涌谷の噴煙見ながらカフェオレ飲んでる怠惰なオジサンとしては、 超アクティブな登山スタイルに、カルチャーショックで卒倒しました。(笑い) 富士山いいですね。 箱根からは外輪山で見えないんですが、 先月、乙女峠の野菜直売所へ行ったとき富士山がキレイに見えていたんで、 ついでに富士山までドライブしました。 御殿場口五合目に着いたら、課外授業の地元中学生たちがジャージ姿で降りてきたのを見て、 オジサンも勢いでジーパンとスニーカーで双子山に登ってみました。 箱根外輪山や御殿場市、河口湖、駿河湾が一望できて気持ちよかったんですが、 いつ噴火するか小心者のオジサンはビクビクもので、ダッシュで下りてきました。(笑い) 箱根の外輪山も、いいトレッキングコースが沢山あります。 ノープランの時は、ぜひおいで下さい

    返信削除
  2. はなこ&さくら2014年12月16日 17:08

    ちゅ~たさんへ。

    ここのところ毎回富士山を見ることが出来て最高ですね。今年は残念ながら一度も
    見に行くことが出来ませんでした。だから、ブログの画像が楽しみです。

    今年も残りわずかとなりました。来週はクリスマス。サンタさんが来るといいね。
    そして、年末年始がやってくる頃には慌しく忙しくなるかも?

    こちらでは先週(6日)と今週(14日)にいっぱい雪が積もって大変でした。
    はなこもびっくり。寒くて暖かいところでじっとしてるにゃ~。さくらは外へ散歩に行けないから残念だワン。

    ちゅ~たさん。今度、休みが取れたら遊びに来てください。みんな待っているよ。

    返信削除
    返信
    1. はなこ&さくらさん
      こんにちは〜!
      最近の山旅は、天気が続く事が多いので本当に最高です♪
      今後の記事ではもっと素敵で美しい富士山の写真が続きますのでぜひまた見にきて下さい^^

      わたしの所にはサンタさんがいらっしゃいませんでした...笑
      来年は来てもらえるようにもう少しいい子にしていようと思います!
      ちゅーたママから送られてきた家のイルミネーションの写真がすごかったです〜!
      とっても綺麗でかわいい〜♡

      新潟はものすごい雪ですね!
      スキー場は大喜びでしょうけど、地域の方々は本当に大変ですね。
      雪かきや雪下ろしのときはお気をつけて...!

      来年は必ず遊びに行きます〜!
      もう大晦日...どうぞよいお年をお迎えください^^

      削除
  3. 移住歴は1年ですが、箱根に通うこと数十年!
    ディープな箱根の情報をお届けします。

    ススキ草原、いいですね!季節はドンピシャでしたが、見る時間帯は16時頃がベストでした。
    長尾峠に沈む夕陽にススキが逆光で黄金色に輝いて、思わず息を呑むほど美しい。
    私は、息を呑みすぎて3回くらい窒息死したことがあります。(笑い)

    ちなみに、観光客が引き返す草原の行き止まりを無視して、藪をずんずん掻き分けていくと、大涌谷へ出ます。
    もっとレアなルートは、芦の湯から閉鎖された駒ケ岳ケーブルカーの廃線を登るコースですが、多分、違法です。(笑い)

    オシャレな「カフェ・ジュリア」は、店主が気まぐれなんで、ほとんどやっていません。
    店名の由来は、「アルファロメオ」から取ったそうで、車好きが集まるお店です。
    店内のインテリア、特に「トイレ内部の装飾」は、いかにも車フリークそのものです。

    小腹がすいたら、仙石原交差点そばの「角田屋」というお肉屋さんがお勧めです。
    私は週一回、ビール持ち込みで、店頭で揚げたて熱々のメンチとコロッケをほうばっています。

    食事なら、仙石原タクシー乗り場前の「弁天」がお勧めです。
    まず、やってるんだかやっていないんだか分からない店構えがすごい!
    勇気を出して店内に一歩入れば、思わず「やばいっ」って引き返そうかという気になる、
    よく言えば「昭和レトロ」なインテリア。
    BGMは、還暦オジサンでも聞いたことがない曲名の演歌。
    店主が居ないときは、常連客がお茶を淹れてくれます。
    勇気を出して「海鮮丼」850円也を注文してみて下さい。
    待つこと30分、食べないで帰ろうかという頃に出てくる「海鮮丼」はというと、期待を裏切らないコスパに感動ものです!

    山に登って冷えた体に温泉もいいんですが、宮城野の「さくら館」という町営プールがお勧めです。
    ジャグジーが併設されており、300円で入り放題です。
    20時までやってるんで渋滞解消の時間つぶしをするもよし、山登りのクールダウンに泳ぐもよしです。
    水着と水泳帽は持参して下さい。

    もし金時山に登ることがあったら、そのまま「長尾山・丸岳・乙女峠・長尾峠・箱根峠と続く稜線ルート」を歩いて、芦ノ湖の湖尻まで行ってみて下さい。
    途中、「富士山を独り占めにできる広場で野点をしながら自衛隊の演習を眺める」とか「フェラーリやポルシェが眼前でバトルを繰り広げる箱根スカイラインで車に轢かれる」とか「眼前に芦ノ湖を見晴るかすポイントで天下を取った気分に浸る」とか、やりたい放題です。(笑い)

    湖尻から箱根町までは、「三国山・山伏峠の稜線ルート」と、「芦ノ湖西岸を行く林間ルート」があります。
    「稜線ルート」は、三国山あたりはブナ林、山伏峠からは富士山と芦ノ湖の眺望、そこから先はゴルフ場に平行してなだらかなハイジの世界、と変化に富んだコースです。
    山伏峠にはヘリポートもあるんで、宝くじに当たったらヘリコプターをチャーターして富士山を下に見るのもいいでしょう。

    「芦ノ湖西岸ルート」は、イノシシは良く知ってるけど、人間はほとんど知らないという(笑い)超レアなコースです。
    私は、トレッキングバイクで走破しましたが、途中で何回か自転車ごと芦ノ湖に転落しそうになりました。(笑い)
    芦ノ湖にはレアな砂浜も何箇所かあって、ワインとチーズを持参すれば、気分は「プライベート・ビーチ」です。
    時折目の前を行き交う海賊船に乗って騒いでいるのは中国人の観光客と見せかけて、実はバイキングの末裔!
    そう思えば、「おっ、ここはフィヨルドかっ?」って感じの秘境気分を味わえます。


    長くなりましたが最後に、箱根に来るなら「新宿から小田急高速バス」がお勧めです。
    往復3千円くらいで、絶対に!座って来れるんでラクチンです。(笑い)

    返信削除
    返信
    1. えどべえさん
      こんにちは〜!もちろん覚えております〜!
      あの時持っていたメンチカツがすっごく食べたかったです。笑

      たくさんの情報をありがとうございます〜!
      仙石原のススキの終点から先に行ったらどこに着くんだろう?と思っていたので、情報をもらえて嬉しいです♪
      大湧谷にたどり着くんですねー!今度薮漕ぎをして突破してみようかな^^
      そしてカフェジュリアさん...気まぐれすぎる〜!笑
      タイミングよく開いている時に行けたら奇跡なんですね。

      えどべえさんのユーモア溢れる紹介で、どのお店もどのコースも辿ってみたくなりました。
      どれも魅力がたーっぷりですね♪
      そしてえどべえさんの箱根愛がものすごく伝わってきます^^

      1番試してみたいのは、ワインとチーズ持参で芦ノ湖プライベートビーチ!
      行くときはお声がけさせていただきますのでメンチカツを持参してぜひお越し下さい。笑!
      まだまだ楽しめる事がたくさんの箱根エリアは近いうちにまた再訪したいと思います♪

      削除